海外サイトでの医薬品購入

プロペシアを個人輸入する際には、日本の輸入大国業者から購入するのでなく、海外サイトから購入するのも一つの方法です。

日本の輸入代行業者と海外サイトを比較すると、日本国内で話題になっている医薬品の場合には、日本の業者のほうが安くなる傾向があります。国内で話題になっていれば、販売が見込めるため、日本の業者はその医薬品を大量に仕入れます。それにより仕入れの単価が下がることになるのです。

それに対し、あまり話題になっていない医薬品の場合には、海外サイトのほうが安くなる場合があります。

ただ海外サイトを利用する際には、トラブル発生の可能性を、常に考慮に入れておく必要があるでしょう。海外と日本とでは、商習慣も違い、言語も異なるため、何かとトラブルが起こりがちです。このトラブルを英語で解決する自信のない人は、海外サイトを利用するのはやめたほうがいいかもしれません。

海外サイトとトラブルが起こった場合、まずは相手に連絡をとることになります。業者が問題解決に対して意欲的であれば、ほとんどの場合、トラブルは解決することができるでしょう。しかしもし、相手業者からメールの返信がなかった場合は、問題解決は極めて難しいと言わざるを得ないでしょう。